2012

イベント

登別地獄まつり – 登別市

登別地獄まつりは登別市で行われるイベントです。地獄谷の地獄の釜の蓋が開き、閻魔大王が鬼たちを引き連れて登別温泉にやってくるという伝説をもとにしたお祭りで、8月の最終土曜・日曜日に開催されます。巨大な閻魔大王からくり山車や鬼みこし、鬼踊りなど見どころ盛りだくさん。祭りの最後には

イベント

沼田町夜高あんどん祭り – 沼田町

沼田町夜高あんどん祭りは北海道三大行燈祭りの一つで、道内唯一の喧嘩あんどん祭りです。8月の第4金曜日と土曜日に開催されます。祭り両日ともに大小様々な行燈が市内を練り歩き、夜になると喧嘩行燈が行われます。これは対峙した2基の大行燈がぶつかり合って、相手の行燈前方に吊るされた吊り

花工房あやの蓮 – 千歳市

花工房あやは、千歳市にあるドライフラワーの専門店です。その敷地内には北海道では珍しい蓮池があり、開花時期の8月中旬ころにはピンク色の大きな花が満開となります。花工房あやへ行くには、国道337号線へ。道路際に看板があります。花工房 あや – http://www

作付面積日本一!ひまわりの里 – 北竜町

ひまわりの里は北竜町にあります。日本最大規模の作付面積を誇り、23.1ヘクタール(東京ドームおよそ5個分)の広大な敷地に、150万本のひまわりの花が一面彩ります。ひまわりの開花時期である7月中旬から8月下旬頃まで「北竜町ひまわりまつり」が開催され、園内ではひまわり迷路のほか、

ダム

滝里ダム – 芦別市

滝里ダムは、芦別市にある堤高50mの重力式コンクリートダムです。ダム湖は「滝里湖」と言います。滝里湖にはオートキャンプ場が整備されており、キャンプや釣りなどを楽しむことができます。滝里ダムへ行くには国道38号線へ。新野花南トンネル辺りの空知大滝の看板がある脇道に入りま

空知大滝 – 芦別市

空知大滝は、芦別市にある落差3mほどの滝で空知川唯一の滝です。空知の名前の由来にもなった滝であり、TVドラマ「優しい時間」のロケ地にもなりました。すぐ上流に滝里ダムが出来たため水量が減り、名前の割に小さな滝となりましたが、ダムの放水が行われるとそれなりの水量となるそうです。ま

イベント

星の降る里・芦別健夏まつり – 芦別市

星の降る里・芦別健夏まつりは、芦別市で7月に行われるお祭りです。祭り1日目には、メイン行事である健夏山笠が行われます。これは博多祇園山笠をベースに博多祇園山笠振興会から唯一「北の山笠」として認められた行事で、男たちが約1トンもの山笠を舁いて街中のコースを疾走します。祭り2日目には

三段滝 – 芦別市

三段滝は、芦別市にある落差10mほどの滝です。芦別名勝の一つで、複雑に層を成した岩盤が特徴的です。また、駐車場やトイレが整備されているので、小休止に立ち寄るのも良いです。三段滝へ行くには、国道452号線へ。道路沿いに駐車場があるのですぐにわかります。北海道芦別

ダム

新十津川ダム – 新十津川町

新十津川ダムは、新十津川町にある堤高29.2mのアースダムです。ダム湖は「留久貯水池(るーくちょすいち)」と言います。ダムのすぐそばの森にサギが巣を作るようで、撮影中に何羽ものサギがダム上空を飛んでいました。新十津川ダムへ行くには、国道451号線へ。吉野公園というキャ

ダム

尾白利加(暑寒)ダム – 雨竜町

尾白利加ダムは、雨竜町にある堤高31.8mのロックフィルダムです。尾白利加(おしらりか)と読み、ダム湖は「暑寒湖」と言います。尾白利加ダムへ行くには、雨竜沼湿原に向かう途中の道道432号線沿いにあります。撮影日2012年7月15日撮

遺産・遺跡

炭鉱メモリアル森林公園 – 美唄市

炭鉱メモリアル森林公園は、1972(昭和47)年に閉山した三菱美唄炭鉱跡地を整備した公園です。現在は、竪坑巻揚櫓、電源を管理していた開閉所、石炭を貯蔵する原炭ポケットのが残っていて、見学することができます。竪坑巻揚櫓と原炭ポケットは平成19年11月に経済産業省が指定する「近代

イベント

十勝川イカダ下り – 音更町

十勝川イカダ下りは、7月上旬に音更町の十勝川で行われるイベントです。こちらはギネスではなく一般の部。さまざまな仮装や装飾を施したイカダが、十勝川を十勝大橋付近から十勝川温泉まで下っていきます。ゴールに着くころにはボロボロになったイカダも多いです。十勝川イカダ下り公式ホーム

イベント

ギネスに挑戦!十勝川連結イカダ下り – 音更町

十勝川連結イカダ下りは、十勝川のすずらん大橋から十勝大橋までの約1.6kmを、60艇のイカダを連結させて下るというギネスチャレンジで、7月上旬に行われる十勝川イカダ下りのイベント内の1コマです。2012年は、途中でイカダの連結が切れてしまったので失敗でしたが、2013年は見事

イベント

白蛇姫まつり – 鹿追町

白蛇姫祭りは、7月に然別湖で行われるアイヌの伝説を基にしたお祭りです。然別湖の守り神である女神に1年の豊穣と安全を祈願し、2匹の白蛇と姫が幻想的に舞います。そのほかにアイヌの伝統儀式・カムイノミやアイヌ民族舞踊、ムックリ演奏などが行われます。鹿追町観光協会 – htt

ピョウタンの滝 – 中札内村

ピョウタンの滝は、中札内村にある落差10mほどの滝です。落差はありませんが幅が広く豪快な流れの滝で、「北海道感動の瞬間100選」にも選ばれています。もともとは農協ダムと呼ばれるダムでしたが、完成したわずか1年後に豪雨によって引き起こされた洪水により埋没し、現在のような滝になり

ダム

札内川ダム – 中札内村

札内川ダムは、中札内村にある重力式コンクリートダムです。堤高114mは道内3位の大きさで、ダム湖は「とかちリュウタン湖」と言います。事前に予約をすればダム管理職員の案内でダム堤体内の見学ができます。撮影時の7月にはイワツバメが大量に飛び交い、ダムのあちこちに巣を作っていました

ダム

佐幌ダム – 新得町

佐幌ダムは、新得町にある堤高46.6mの重力式コンクリートダムです。ダム湖は「サホロ湖」と言います。サホロ湖ではカヌーや釣り(有料)、湖岸のオートキャンプ場でキャンプを楽しむことができます。佐幌ダムへ行くには、国道38号線へ。道路際に看板があります。いらっしゃいし

ダム

金山ダム – 南富良野町

金山ダムは、南富良野町にある堤高57.3mのダムです。中空重力式コンクリートダムという、北海道では唯一のダム形式で作られました。ダム湖は「かなやま湖」といい、ダム湖百選にも選ばれています。かなやま湖は観光スポットとしての整備が進んでおり、周辺にはオートキャンプ場やカヌーなどの

有明小滝 – 札幌市

有明小滝は、札幌市清田区有明にある落差5mほどの滝です。道路際から見下ろす形で、かろうじて見ることができます。有明小滝へ行くには、道道341号線へ。有明の滝の遊歩道からも行けますが、陸上自衛隊有明演習場の入り口に車を止めて向かう方が近いです。入口には自衛隊員がいますが

有明の滝 – 札幌市

有明の滝は、札幌市清田区有明にある落差13mほどの滝です。垂直の絶壁を幾筋かの細めの滝が流れ落ちる滝で、滝壺のすぐそばまで近づくこともできます。有明の滝へ行くには、道道341号線へ。滝野すずらん丘陵公園より清田区側へ行くと道路右手に看板と駐車スペースがあります。滝まで