2012

銀河の滝・流星の滝 – 上川町

銀河の滝、流星の滝は共に上川町の層雲峡にある北海道を代表する滝です。向かって左側を流れる銀河の滝は落差120mほど、垂直の岩肌を優しく撫でるように落ちる様から女滝とも呼ばれます。一方、向かって右側を流れる流星の滝は落差90mほど、銀河の滝とは打って変わって、一本の太い流れが豪

三段の滝 – 恵庭市

三段の滝は恵庭市にある落差15mほどの滝です。紅葉スポットとして知られる恵庭渓谷にある滝の一つで、源義経の財宝が眠っているという伝説があります。道路際と川岸の2か所から滝を鑑賞することができます。三段の滝へ行くには、道道117号線へ。ラルマナイの滝より少し恵庭市街方向

ラルマナイの滝 – 恵庭市

ラルマナイの滝は、恵庭市にある落差10mほどの滝です。紅葉スポットとして知られる恵庭渓谷にある滝の一つで、幅広で穏やかな滝です。駐車場からすぐの橋からと道路を渡って階段を下りて行った先にある滝見広場からの、2か所から滝を鑑賞することができます。ラルマナイの滝へ行くには

白扇の滝 – 恵庭市

白扇の滝は、恵庭市にある落差15m、幅18mほどの滝です。紅葉スポットとして知られる恵庭渓谷にある滝の一つで、最も迫力があります。売店やトイレも整備されているので小休止にも良いです。白扇の滝へ行くには、道道117号線を支笏湖方向へ。看板や大きな駐車場があるのですぐにわ

美笛の滝 – 千歳市

美笛の滝は、支笏湖に程近い千歳市美笛にある落差50mほどの滝です。縦長の滝で、高いところから岩肌にそって流れ落ちる様は見ごたえがあります。また、秋になると周りの木々が紅葉して、見事な景観になります。美笛の滝へ行くには国道276号線へ。支笏湖側から洞爺湖方面に向かう途中

動物

小樽運河を遡上する鮭 – 小樽市

秋の北海道では、産卵のために川を遡上する鮭の姿を見ることができます。たいていの鮭は自分が生まれた川に戻ってくるのですが、なかには違う川を遡上してしまう鮭もいるそうです。2012年の小樽運河には数百匹の大量の鮭が迷い込み、小樽運河から妙見川、勝納川などを遡上しました。小

フラワーガーデン「はな・てんと」のサルビア – 網走市

フラワーガーデン「はな・てんと」は、網走市の天都山にあります。冬には網走レークビュースキー場として使われているところで、3.5haの斜面一面がサルビアやマリーゴールド、ケイトウなど色とりどりの花で覆われます。さらに丘の上からは知床連山や網走湖なども望むことができるビュースポッ

あばしりフロックス公園 – 網走市

あばしりフロックス公園は、網走市呼人にある公園です。約10ヘクタールの広大な敷地に約15万株のフロックスの花が咲き誇ります。さらに網走湖や女満別の平野が一望できるなどロケーション抜群です。まっ白い園路はホタテの貝殻が敷き詰められているためで、フロックスの赤・ピンク・紫と合わせ

樹木・奇岩

美岬のヤチダモ – 網走市

美岬のヤチダモは、網走市美岬にあるヤチダモの木です。推定樹齢300年以上で幹周460cm・樹高37mあり、林野庁の「森の巨人たち百選」に選定されています。美岬のヤチダモへ行くには、道道76号線へ。能取湖から能取岬に向かう途中にあるボンオンネナイ林道に入り、徒歩で5分ほ

その他自然 建築物

能取岬 – 網走市

能取岬は網走市にあるオホーツク海を一望できる景勝地です。冬には流氷が海岸一面を覆います。映画のロケ地としても有名です。能取岬へ行くには、道道76号線へ。おいしい街網走 -網走市観光協会 – http://www.abakanko.jp/撮影日

能取湖卯原内サンゴ草群生地 – 網走市

能取湖卯原内サンゴ草群生地は、網走市能取湖にあるサンゴ草群生地です。日本一のサンゴ草群生地とされ、秋になると能取湖半一面が真っ赤なじゅうたんに覆われていましたが、2012年に行った土壌改良工事の失敗により、群生地は壊滅状態に陥りました。現在は専門家指導のもと、群生地回復に向け

遺産・遺跡

美里洞窟 – 北見市

美里洞窟は石灰岩が雨水の浸食を受けて生じた自然洞窟で壁面に鍾乳石が沈着した鍾乳洞であり、本道で最初に確認された鍾乳洞遺跡です。遺跡は三時代以上の重複遺跡で上層はアイヌ土俗時代(約千年前)、中層は縄文文化中期北筒式土器時代(約四千年前)、下層は縄文文化前期~早期(約六千年前)の

鏡池の蓮 – 北見市

鏡池は北見市にある蓮池です。北海道で蓮が見られる数少ない場所のひとつで、日本最北の蓮池です。北見市内の農家だった男性が長い年月をかけて個人で制作したそうで、池一面が蓮の花で埋め尽くされる様は圧巻です。蓮は7月下旬から咲き始め、9月上旬ころまで楽しむことが出来ます。訪れるのは早

1000万本のコスモス ライトアップ – 遠軽町

太陽の丘えんがる公園は、遠軽町にある日本最大級のコスモス園です。10万平方メートルの広大な敷地に1000万本のコスモスが咲き誇ります。8月下旬~10月上旬ころまでコスモスフェスタが開催され、コスモス園内で挙式を行うコスモスウェディングやコスモスのライトアップなど、期間中様々な

その他自然

大平高原牧場 – 遠軽町

大平高原牧場は遠軽町丸瀬布にある牧場です。周りに遮るものが何も無いので360°広大なパノラマを楽しむことができるほか、夜には満天の星空が広がります。大平高原牧場へ行くには、道道1070号線からマウレ山荘へ向かう細い道へ。マウレ山荘を通り過ぎて道なりに走ると、突然視界が

鹿鳴の滝 – 遠軽町

鹿鳴の滝は、遠軽町丸瀬布にある落差15mほどの滝です。山彦の滝とはまた違った、苔むした岩肌が美しい滝です。周辺が北海道内の鹿の三大生息地とされ、鹿が良く水を飲みにくることからこの名が付いたそうです。鹿鳴の滝へ行くには、道道1070号線へ。山彦の滝駐車場から歩きます。2

山彦の滝 – 遠軽町

山彦の滝は、遠軽町丸瀬布にある落差28mほどの滝です。岩壁に洞窟のようなくぼみがあって滝の裏側に回り込むことができるため、別名「裏見の滝」とも呼ばれます。冬には氷瀑となりライトアップが行われます。山彦の滝へ行くには、道道1070号線へ。道路際に看板と大きな駐車場がある

樹木・奇岩

不思議な泣く木 – 占冠村

不思議な泣く木は占冠村にある楡の木です。道路工事のためこの木を切り倒そうとするも、うめくような泣き声が聞こえるため切ることが出来なかったという伝説があります。不思議な泣く木へ行くには、道道136号線へ。占冠駅とトマム駅の中間あたりの道路沿いに、木と看板があります。