遠軽町

乗り物 遺産・遺跡

雨宮21号蒸気吹き出し作業見学会 – 遠軽町

雨宮21号は、遠軽町の森林公園いこいの森にある蒸気機関車です。森林鉄道蒸気機関車では全国で唯一動態保存されている車両で、北海道遺産、近代化産業遺産、準鉄道記念物に指定されています。乗車することもでき、4月~10月までの期間中の土日祝日に運転を行っています。2011年には10数

乗り物 遺産・遺跡

雨宮21号ライトアップ – 遠軽町

雨宮21号は、遠軽町の森林公園いこいの森にある蒸気機関車です。森林鉄道蒸気機関車では全国で唯一動態保存されている車両で、北海道遺産、近代化産業遺産、準鉄道記念物に指定されています。乗車することもでき、4月~10月までの期間中の土日祝日に運転を行っています。2011年には10数

乗り物 遺産・遺跡

雨宮21号雪中特別運行 – 遠軽町

雨宮21号は、遠軽町の森林公園いこいの森にある蒸気機関車です。森林鉄道蒸気機関車では全国で唯一動態保存されている車両で、北海道遺産、近代化産業遺産、準鉄道記念物に指定されています。乗車することもでき、4月~10月までの期間中の土日祝日に運転を行っています。2011年には10数

1000万本のコスモス ライトアップ – 遠軽町

太陽の丘えんがる公園は、遠軽町にある日本最大級のコスモス園です。10万平方メートルの広大な敷地に1000万本のコスモスが咲き誇ります。8月下旬~10月上旬ころまでコスモスフェスタが開催され、コスモス園内で挙式を行うコスモスウェディングやコスモスのライトアップなど、期間中様々な

その他自然

大平高原牧場 – 遠軽町

大平高原牧場は遠軽町丸瀬布にある牧場です。周りに遮るものが何も無いので360°広大なパノラマを楽しむことができるほか、夜には満天の星空が広がります。大平高原牧場へ行くには、道道1070号線からマウレ山荘へ向かう細い道へ。マウレ山荘を通り過ぎて道なりに走ると、突然視界が

鹿鳴の滝 – 遠軽町

鹿鳴の滝は、遠軽町丸瀬布にある落差15mほどの滝です。山彦の滝とはまた違った、苔むした岩肌が美しい滝です。周辺が北海道内の鹿の三大生息地とされ、鹿が良く水を飲みにくることからこの名が付いたそうです。鹿鳴の滝へ行くには、道道1070号線へ。山彦の滝駐車場から歩きます。2

山彦の滝 – 遠軽町

山彦の滝は、遠軽町丸瀬布にある落差28mほどの滝です。岩壁に洞窟のようなくぼみがあって滝の裏側に回り込むことができるため、別名「裏見の滝」とも呼ばれます。冬には氷瀑となりライトアップが行われます。山彦の滝へ行くには、道道1070号線へ。道路際に看板と大きな駐車場がある

展望台 樹木・奇岩

瞰望岩(がんぼういわ) – 遠軽町

瞰望岩は遠軽町にある巨岩です。遠軽町の町名の由来ともなり、高さ78mという巨大な姿は、町の至る所から確認することができます。カントリーサインにも使われていて、まさに町のシンボル的な存在です。岩の頂上は展望台となっていて、遠軽市街を一望することができます。転落防止の柵などはない

太陽の丘えんがる公園の芝桜 – 遠軽町

太陽の丘えんがる公園は遠軽町にある公園です。道内で芝桜といえば、大空町のひがしもこと芝桜公園や滝上町の芝桜公園が有名ですが、えんがる公園の芝桜も見応えがあります。山の斜面一面にはピンクの芝桜、斜面手前にはチューリップが咲き誇り、開花期間中はライトアップも行われます。知名度がそ