その他自然

福原山荘の紅葉 – 鹿追町

福原山荘は、鹿追町にある紅葉の名所です。福原山荘とは福原山荘は、スーパーフクハラの創業者である福原治平氏が所有、福原記念美術館が管理している山荘です。私有地なのですが紅葉の名所としても知られ、紅葉時期の9月中旬から10月中旬頃まで一般開放されています。8.5ヘクタ

コスモスフェスタ – 札幌市

コスモスフェスタは、札幌の滝野すずらん丘陵公園で開催されるイベントです。コスモスフェスタとは札幌市の北海道で唯一の国営公園・滝野すずらん丘陵公園には、400haという広大な敷地に中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)という、それぞれ特色の違う

建築物 遺産・遺跡

旭沢橋梁 – 夕張市

旭沢橋梁は、夕張市鹿島明石町にある鉄道橋です。旭沢橋梁とは大夕張炭鉱の石炭輸送に使われた三菱石炭鉱業大夕張鉄道線。路線の延長によって建設された1~8号の鉄橋のうち、明石町駅~千年町駅間に造られたのが旭沢橋梁(5号鉄橋)です。特徴的な外観はトラスド・ガーダー形式という非

展望台 建築物 遺産・遺跡

タウシュベツ川橋梁 – 上士幌町

春撮影秋撮影タウシュベツ川橋梁は、上士幌町の糠平湖にあるコンクリートアーチ橋です。北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つでもあります。タウシュベツ川橋梁とは旧国鉄士幌線の鉄道橋として1937(昭和12)年に建設されたタ

その他自然 樹木・奇岩

北海道大学 イチョウ並木 – 札幌市

北海道大学のイチョウ並木は、札幌の紅葉スポットの一つです。大学構内の北13条通りには、約380mにわたって70本のイチョウが植えられており、頭上を覆い尽くすイチョウの黄葉は圧巻です。10月下旬から11月上旬の紅葉ピーク時の土日には北大金葉祭が開催され、イチョウ並木のライトアッ

その他自然 樹木・奇岩

紅葉の平岡樹芸センター – 札幌市

平岡樹芸センターは、造園業を営んでいた、故・竹澤三次郎氏から土地と樹木の寄贈を受けて開園した植物公園です。2.9ヘクタールの園内にはイチイやカエデ、ツツジやサクラなど多種多様な樹木がおよそ10000本植えられており、季節ごとに素晴らしい景色を楽しむことができます。特に必見なの

その他自然 ダム 展望台

紅葉の豊平峡ダム – 札幌市

豊平峡ダムは、北海道を代表する温泉街の一つであり、紅葉の名所としても知られる定山渓の中でも特に人気のある紅葉スポットです。「水源の森百選」、「ダム湖百選」にも選ばれた定山湖や目の前に大きくそびえ立つ千丈岩、そして赤や黄に染まった山々など、どこを見ても絵になる絶景が広がります。

その他自然

紅葉の定山渓 – 札幌市

札幌の奥座敷・定山渓。北海道を代表する温泉街の一つであり、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。また、札幌でも有数の紅葉スポットとも知られ、秋の紅葉時期になると豊平川の渓谷を中心に木々が艶やかに色付きます。紅葉とともに定山渓名物の河童伝説を楽しめる散策路が整備されているほか、

その他自然 展望台

札幌国際スキー場の紅葉ゴンドラ – 札幌市

札幌国際スキー場の紅葉ゴンドラは、札幌市で紅葉を楽しめるおすすめスポットの一つです。山頂まで15分ほどの空中散歩では、高度が上がるにつれて色鮮やかな紅葉が眼前に広がり、山頂に到着すると紅葉した山並みのほか、小樽方面・石狩湾・石狩平野を一望することができます。下りのゴンドラも上

その他自然

紅葉の神仙沼 – 共和町

神仙沼は共和町の高層湿原「神仙沼湿原」にある沼の一つで、ニセコ山系の数ある沼の中で最も美しいといわれています。名前は、ボーイスカウトの生みの親である下田豊松氏が「皆が神、仙人の住みたまう所」の感銘を受けて「神仙沼」と名付けたそうです。独特のブルーが印象的な沼で、無風のときには

建築物 遺産・遺跡

第三音更川橋梁 – 上士幌町

第三音更川橋梁は、上士幌町にある旧国鉄士幌線のひがし大雪アーチ橋梁群のひとつです。橋長71m、音更川をまたぐアーチは32mもの大きさの4連アーチ橋で、1936年に建設されました。現存する北海道内の鉄道用コンクリートアーチ橋として最も古く、大きさも北海道一です。国の有形文化財に

建築物 遺産・遺跡

第五音更川橋梁 – 上士幌町

第五音更川橋梁は、上士幌町にある旧国鉄士幌線のひがし大雪アーチ橋梁群のひとつです。10mの連続したアーチと音更川を渡る23mの大きいアーチで構成されたコンクリートアーチ橋で、1939年に建設されました。北海道遺産のほか、国の有形文化財にも指定されています。秋になると色づいた山

その他自然 展望台

紅葉の三国峠 – 上士幌町

三国峠は上士幌町にある、標高1,139mの峠です。北海道で最も高い場所にある峠で、展望台からの眺めは抜群。特に紅葉時期の10月上旬頃には、色づいたトドマツやアカマツの樹海が眼前に広がります。また、展望台には4月から11月頃まで期間限定でオープンするカフェもあります。三

動物

宮島沼 マガンのねぐら立ち – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら立ちは早朝5時

動物

宮島沼 マガンのねぐら入り – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら入りは17時か

オンネトー – 足寄町

オンネトーは足寄町の阿寒国立公園内にある湖です。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」を意味し、訪れる季節や時間によって湖面の色が変わることから五色沼とも呼ばれます。目の前にそびえ立つ山は雌阿寒岳と阿寒富士。オコタンペ湖、東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つに数えら

オンネトー湯の滝 – 足寄町

オンネトー湯の滝は、足寄町の阿寒国立公園内にある落差30mほどの滝です。微生物の働きでマンガン酸化物が生成される世界唯一の場所で、国の天然記念物に指定されています。立ち上っている湯気からも分かるように流れているのはお湯で、以前は滝の上に露天風呂があって入浴することもできました

展望台

双湖台 – 釧路市

双岳台は釧路市阿寒町にあります。ペンケトーとパンケトーという2つの湖が見えることから双湖台と呼ばれます。ペンケトーは北海道に似た形をしているといわれており、パンケトーは双湖台からは残念ながらよく見えません。どちらの湖も観光客が立ち入ることはできない神秘的な湖です。双岳

展望台

双岳台 – 釧路市

双岳台は釧路市阿寒町にあります。国道沿いにある駐車帯のようなスペースがそうで、ここから手前に大きくそびえる雄阿寒岳と、向かって左手奥に見える雌阿寒岳を望むことができることから双岳台と呼ばれています。双岳台へ行くには、阿寒湖畔と弟子屈町を結ぶ国道241号線沿いから。阿寒

展望台

多和平展望台 – 標茶町

多和平展望台は、標茶町の牧場用地総面積2128haという広大な面積を誇る、標茶町育成牧場内にある展望台です。展望台の標高は195mほどですが周りに高い建物などがないため、地平線を360°見渡せる大パノラマが広がるほか、夜には満天の星空を楽しむことができます。展望台のそばには、