津別町

鹿鳴の滝 – 津別町

鹿鳴の滝は、津別町にある落差10mほどの滝です。猟師に追われた鹿がチミケップ川の上流へと逃げようとするが、この滝を越えることができずに鳴いたという言い伝えが、滝の名前の由来です。人工の滝に見えますが、自然の手で造られた7段の滝です。撮影時期には、種類は分かりませんが魚がひっき

チミケップ湖 – 津別町

チミケップ湖は、津別町にある面積1.2平方km、周囲7.5kmほどで縦長の形をした湖です。ヒメマスやウグイ、クマゲラなど様々な生物が生息する自然の宝庫で、湖の周辺には散策路や見晴らし台、ホテルやキャンプ場が整備されています。国道から離れているため観光客の姿はほとんどありません

その他自然 展望台

津別峠の雲海 – 津別町

津別峠は、津別町と弟子屈町との境にある標高947mの峠です。お城のような外観の展望台からは、屈斜路湖や雌阿寒岳・雄阿寒岳など360°見渡すことができますが、一番のお勧めは雲海です。6月~10月頃の早朝、運が良ければ屈斜路湖を覆いつくすような、見事な雲海が発生します。特に日の出