龍雲院の蝦夷霞桜 – 松前町

蝦夷霞桜とは蝦夷霞桜は松前公園内の龍雲院境内にある桜で、松前町の三大名桜の一つに数えられています。霞桜は日本各地に自生していますが、植物分類学者で元北海道大学教授の館脇操博士が、龍雲院の古木を特に蝦夷霞桜と命名したそうです。▲樹齢は100年以上

光善寺の血脈桜 – 松前町

血脈桜とは 血脈桜は、松前公園内の光善寺境内にある桜です。松前町の三大名桜の一つに数えられており、松前を代表する桜の品種「南殿」の親木でもあります。咲き始めは淡い紅色だった花の中央部が、日の経過につれて紅色へと染まる「移り紅」(うつりべに)という性質を持

松前公園の桜 ライトアップ – 松前町

松前公園とは松前公園は道南の松前町にある公園です。北海道内で唯一の日本式城郭である松前城や松前藩主松前家墓所、寺町など多くの史跡が点在するほか、日本さくら名所100選にも選ばれる道内最大級の桜スポットでもあります。桜の開花期間中には「松前さくらまつり」が開催

五稜郭公園の桜 – 函館市

五稜郭公園は、函館市を代表する観光スポットの一つです。五稜郭とは五稜郭は江戸時代末期に建造された城郭です。戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台にもなりました。現在は国の特別史跡に指定され、五稜郭公園として多くの観光客が訪れる場所となっています。▲名前の通

桜が丘通りの桜並木 – 函館市

桜が丘通りは、函館市の柏木町と松陰町の町境にある通りです。桜が丘通りとは函館市で桜と言えば五稜郭公園が有名ですが、その五稜郭公園から車で10分ほどの位置にある桜が丘通りは、知る人ぞ知る桜の名所です。閑静な住宅街を通る約800mの通りにはおよそ100本のソメイヨシノ

龍雲院の蝦夷霞桜 – 松前町

蝦夷霞桜は、松前公園近くの龍雲院境内にある桜で、松前町の三大名桜一つに数えられています。推定樹齢は100年以上。植物分類学者で元北海道大学教授の館脇操博士が命名したそうです。境内には桜の他に、北海道では珍しいシロバナタンポポも咲いています。龍雲院へ行くには、松前公園か

大野川沿いの桜並木 ライトアップ – 北斗市

大野川沿いの桜並木は、北斗市の桜スポット「北斗桜回廊」の一つです。法亀寺から歩いて5分ほどの位置にあり、大野川沿いの道路両側300mほどの間に100本の桜の木が立ち並びます。桜が満開になる5月上旬頃には、まさに桜のトンネルとなり、夜にはライトアップも行われます。大野川

法亀寺のしだれ桜 ライトアップ – 北斗市

法亀寺は北斗市にあるお寺で、境内にはしだれ桜が植えられています。北斗市の桜スポット「北斗桜回廊」の一つで推定樹齢300年、高さはおよそ15メートル。これほど大きいしだれ桜は北海道では大変珍しく、開花期間中にはライトアップも行われます。開花時期は5月上旬頃。法亀寺へ行く

東明公園の桜 – 美唄市

東明公園は美唄市にある公園です。空知管内随一の桜の名所として知られ、森山直太郎がTV番組エンタの神様で「さくら」を歌った場所でもあります。5月頃にはソメイヨシノやエゾヤマザクラなどおよそ2000本の桜が咲き誇り、6月中旬には5000本を超えるツツジを楽しむことが出来ます。さら