建築物 遺産・遺跡

旧白銀橋&新白銀橋 – 夕張市

旧白銀橋・新白銀橋は夕張市鹿島地区にある橋です。旧白銀橋とはかつては炭鉱の町として栄えた夕張市。その中でも鹿島地区は大夕張と呼ばれる炭鉱街で、最盛期には25000人もの人口を数えました。旧白銀橋はその鹿島地区で、夕張岳と南部鹿島をつなぐ役割を担っている橋でした。と

建築物

奥沢水源地 階段式溢流路 – 小樽市

奥沢水源地は小樽市天神にある施設です。奥沢水源地とは小樽市の水道発祥の地である奥沢水源地は、1914(大正3)年に建設されました。水道用ダムとしては北海道で最も古い奥沢ダムと奥沢浄水場からなり、およそ1世紀にわたって小樽市の重要な水源として活用されてきました。2011

オコタンペ湖 – 千歳市

オコタンペ湖は、千歳市奥潭にある湖です。オコタンペ湖とは北海道を代表する湖の一つ・支笏湖の北側に位置するオコタンペ湖は、周囲約5km、最大水深21.1m、アメマスやエゾサンショウウオ、ザリガニなどが生息する自然豊かな湖です。針葉樹と落葉広葉樹の森に囲まれた湖周辺は、森

乗り物

MV-22 オスプレイ離陸 – 札幌市

札幌航空ページェントでの地上展示を終えたオスプレイが、普天間基地へ向け離陸しました。撮影日2014年7月21日撮影場所〒007-0880 北海道札幌市東区丘珠町161 陸上自衛隊丘珠駐屯地料金無料駐車場無

イベント

札幌航空ページェント – 札幌市

札幌航空ページェントは、札幌丘珠空港を会場に、隔年開催される国内最大規模の民間主催の航空ショーイベントです。50機以上の自衛隊機や米軍機、民間機等の地上展示や、ブルーインパルスの飛行展示、「空のF1」とも呼ばれる飛行機レース世界大会「レッドブル・エアレース」で、日本人として初

乗り物

MV-22 オスプレイ飛来 – 札幌市

2014年7月19日に米軍MV-22 オスプレイ2機が、横田飛行場から札幌飛行場に飛来しました。これは翌日に開催された札幌航空ページェントでの地上展示にやってきたもので、2012年に沖縄にオスプレイがやってきて以来、東京以北にオスプレイが飛行したのは初です。その姿を一目見よう

イベント

美国神社例大祭 天狗の火くぐり – 積丹町

美国神社例大祭は、積丹町の美国町で7月に3日間にわたって行われるお祭りです(1日目宵宮、2、3日目本祭)。2日目と3日目の日没後には、美国神社で天狗の火くぐりが行われます。メインイベントともいえるこの神事は、カンナくずを燃やしてできた身の丈を超えるほどの火柱を天狗や神輿が渡り

イベント

美国神社例大祭 神輿渡御 – 積丹町

美国神社例大祭は、積丹町の美国町で7月に3日間にわたって行われるお祭りです(1日目宵宮、2、3日目本祭)。漁船が大漁旗をなびかせ美国漁港を回って大漁祈願をする海上渡船のほか、美国漁港からスタートして天狗や神輿が市内を練り歩き、神輿が海に入って身を清めます。訪れる際は積丹町

建築物

旧幸福駅 – 帯広市

幸福駅は、帯広市幸福町にある旧国鉄広尾線の駅です。1987年(昭和62年)に廃駅となりましたが、同線の愛国駅とともに「愛の国から幸福へ」というキャッチフレーズで、一大ブームを巻き起こしました。2013年に老朽化のため駅舎の建て替えが行われましたが、映像は建て替え前に撮影したも

イベント 乗り物

日本国政府専用機(B-747)展示飛行 – 千歳市

千歳基地航空祭は、千歳市の航空自衛隊千歳基地で8月に行われるイベントです。普段立ち入ることが難しい千歳基地内が一般公開され、航空自衛隊のほか陸上自衛隊や海上自衛隊の航空機による展示飛行や、ブルーインパルスによる曲技飛行、航空機や装備品の地上展示など、航空機好きにはたまらない様

イベント 乗り物

ブルーインパルス曲技飛行 – 千歳市

千歳基地航空祭は、千歳市の航空自衛隊千歳基地で8月に行われるイベントです。普段立ち入ることが難しい千歳基地内が一般公開され、航空自衛隊のほか陸上自衛隊や海上自衛隊の航空機による展示飛行や、ブルーインパルスによる曲技飛行、航空機や装備品の地上展示など、航空機好きにはたまらない様

イベント 乗り物

千歳基地航空祭 – 千歳市

千歳基地航空祭は、千歳市の航空自衛隊千歳基地で8月に行われるイベントです。普段立ち入ることが難しい千歳基地内が一般公開され、航空自衛隊のほか陸上自衛隊や海上自衛隊の航空機による展示飛行や、ブルーインパルスによる曲技飛行、航空機や装備品の地上展示など、航空機好きにはたまらない様

鹿鳴の滝 – 津別町

鹿鳴の滝は、津別町にある落差10mほどの滝です。猟師に追われた鹿がチミケップ川の上流へと逃げようとするが、この滝を越えることができずに鳴いたという言い伝えが、滝の名前の由来です。人工の滝に見えますが、自然の手で造られた7段の滝です。撮影時期には、種類は分かりませんが魚がひっき

チミケップ湖 – 津別町

チミケップ湖は、津別町にある面積1.2平方km、周囲7.5kmほどで縦長の形をした湖です。ヒメマスやウグイ、クマゲラなど様々な生物が生息する自然の宝庫で、湖の周辺には散策路や見晴らし台、ホテルやキャンプ場が整備されています。国道から離れているため観光客の姿はほとんどありません

神の子池 – 清里町

神の子池は清里町にある周囲220m、水深5mのほどの小さな池です。摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれています。コバルトブルーに輝く水の中を元気に泳ぐオショロコマと化石のように眠る倒木の姿は、何とも不思議な光景です。Cano

イベント

あかびら火まつり – 赤平市

あかびら火まつりは、赤平市の赤平市コミュニティ広場をメイン会場に行われるお祭りです。祭りは7月に2日間行われ、1日目は赤平神社からもらった松明の火を持った赤フン姿の男たちが、メイン会場を目指して市内を走るタイマツリレーや、ファイヤーストーム、ズリ山の火文字点火、火ょっとこ踊り

動物

さくらの滝・サクラマスの遡上 – 清里町

さくらの滝は清里町にある落差3.5mほどの滝です。幅広で小さな滝ですが、この滝の一番の特徴は、サクラマスの遡上を見ることができることです。産卵のために何匹ものサクラマスが滝を飛び越えようと、懸命にジャンプする様は感動的です。滝越えに成功するサクラマスは極僅かなので、もし滝越え

イベント

登別地獄まつり – 登別市

登別地獄まつりは登別市で行われるイベントです。地獄谷の地獄の釜の蓋が開き、閻魔大王が鬼たちを引き連れて登別温泉にやってくるという伝説をもとにしたお祭りで、8月の最終土曜・日曜日に開催されます。巨大な閻魔大王からくり山車や鬼みこし、鬼踊りなど見どころ盛りだくさん。祭りの最後には

イベント

沼田町夜高あんどん祭り – 沼田町

沼田町夜高あんどん祭りは北海道三大行燈祭りの一つで、道内唯一の喧嘩あんどん祭りです。8月の第4金曜日と土曜日に開催されます。祭り両日ともに大小様々な行燈が市内を練り歩き、夜になると喧嘩行燈が行われます。これは対峙した2基の大行燈がぶつかり合って、相手の行燈前方に吊るされた吊り

花工房あやの蓮 – 千歳市

花工房あやは、千歳市にあるドライフラワーの専門店です。その敷地内には北海道では珍しい蓮池があり、開花時期の8月中旬ころにはピンク色の大きな花が満開となります。花工房あやへ行くには、国道337号線へ。道路際に看板があります。花工房 あや – http://www