その他自然 樹木・奇岩

北海道大学 イチョウ並木 – 札幌市

北海道大学のイチョウ並木は、札幌の紅葉スポットの一つです。大学構内の北13条通りには、約380mにわたって70本のイチョウが植えられており、頭上を覆い尽くすイチョウの黄葉は圧巻です。10月下旬から11月上旬の紅葉ピーク時の土日には北大金葉祭が開催され、イチョウ並木のライトアッ

その他自然 樹木・奇岩

紅葉の平岡樹芸センター – 札幌市

平岡樹芸センターは、造園業を営んでいた、故・竹澤三次郎氏から土地と樹木の寄贈を受けて開園した植物公園です。2.9ヘクタールの園内にはイチイやカエデ、ツツジやサクラなど多種多様な樹木がおよそ10000本植えられており、季節ごとに素晴らしい景色を楽しむことができます。特に必見なの

樹木・奇岩

三本ナラ – 芦別市

三本ナラは、芦別市の新城仙台山にあるナラの木です。推定樹齢は442年以上。ミズナラは芦別市の木であり、これほどの巨木が3本並んでいるのは珍しいのだそう。また、三本ナラの反対側に目を向けると新城町、黄金町が一望できます。三本ナラへ行くには、道道4号線を芦別市から旭川市方

樹木・奇岩

樹齢1700年!黄金水松 – 芦別市

黄金水松(こがねみずまつ)は、芦別市の黄金水松公園にあるイチイの巨木です。高さ22m、周囲6.2m、全国8位、道内2位の太さを誇り、推定樹齢はなんと1700年。天然記念物や新日本名木百選にも選定されています。アイヌにまつわる白蛇伝説も伝わります。黄金水松公園へ行くには

樹木・奇岩

十勝牧場の白樺並木 – 音更町

白樺並木は音更町にあります。家畜改良センター 十勝牧場の入り口通路両側に白樺の木が1.4kmも立ち並びます。ドラマや映画のロケ地にもなるなど、十勝を代表する景勝地の一つです。十勝牧場内には展望台などもあります。白樺並木へ行くには、道道133号線を音更市街から鹿追方向へ

樹木・奇岩

美岬のヤチダモ – 網走市

美岬のヤチダモは、網走市美岬にあるヤチダモの木です。推定樹齢300年以上で幹周460cm・樹高37mあり、林野庁の「森の巨人たち百選」に選定されています。美岬のヤチダモへ行くには、道道76号線へ。能取湖から能取岬に向かう途中にあるボンオンネナイ林道に入り、徒歩で5分ほ

樹木・奇岩

不思議な泣く木 – 占冠村

不思議な泣く木は占冠村にある楡の木です。道路工事のためこの木を切り倒そうとするも、うめくような泣き声が聞こえるため切ることが出来なかったという伝説があります。不思議な泣く木へ行くには、道道136号線へ。占冠駅とトマム駅の中間あたりの道路沿いに、木と看板があります。

樹木・奇岩

チロロの巨石 – 日高町

チロロの巨石は、日高町の千栄地区にある巨石です。地質学的には石英片岩といい、長さ6m、重さ200tの日本一巨大な結晶片岩です。もともとは日高山脈の石でしたが、鉱石収集が趣味だった八紘学園の初代理事長・栗林元次郎氏が、巨費を投じてペンケユクトラシナイ沢からここまで運ぶも、何らか

展望台 樹木・奇岩

瞰望岩(がんぼういわ) – 遠軽町

瞰望岩は遠軽町にある巨岩です。遠軽町の町名の由来ともなり、高さ78mという巨大な姿は、町の至る所から確認することができます。カントリーサインにも使われていて、まさに町のシンボル的な存在です。岩の頂上は展望台となっていて、遠軽市街を一望することができます。転落防止の柵などはない