オコタンペ湖 – 千歳市

オコタンペ湖は、千歳市奥潭にある湖です。オコタンペ湖とは北海道を代表する湖の一つ・支笏湖の北側に位置するオコタンペ湖は、周囲約5km、最大水深21.1m、アメマスやエゾサンショウウオ、ザリガニなどが生息する自然豊かな湖です。針葉樹と落葉広葉樹の森に囲まれた湖周辺は、森

動物

屈斜路湖砂湯のハクチョウ- 弟子屈町

屈斜路湖にある砂湯はその名の通り、湖畔の砂浜を掘ると温泉が出てくる人気の観光スポットです。夏は湖での水遊びや自分で掘った砂浜の露天風呂を楽しめ、冬にはオオハクチョウが羽を休めに飛来します。羽を広げると2mを超えるオオハクチョウを、目の前で見ることができます。すぐそばにレストハ

その他自然

紅葉の神仙沼 – 共和町

神仙沼は共和町の高層湿原「神仙沼湿原」にある沼の一つで、ニセコ山系の数ある沼の中で最も美しいといわれています。名前は、ボーイスカウトの生みの親である下田豊松氏が「皆が神、仙人の住みたまう所」の感銘を受けて「神仙沼」と名付けたそうです。独特のブルーが印象的な沼で、無風のときには

動物

宮島沼 マガンのねぐら立ち – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら立ちは早朝5時

動物

宮島沼 マガンのねぐら入り – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら入りは17時か

チミケップ湖 – 津別町

チミケップ湖は、津別町にある面積1.2平方km、周囲7.5kmほどで縦長の形をした湖です。ヒメマスやウグイ、クマゲラなど様々な生物が生息する自然の宝庫で、湖の周辺には散策路や見晴らし台、ホテルやキャンプ場が整備されています。国道から離れているため観光客の姿はほとんどありません

神の子池 – 清里町

神の子池は清里町にある周囲220m、水深5mのほどの小さな池です。摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれています。コバルトブルーに輝く水の中を元気に泳ぐオショロコマと化石のように眠る倒木の姿は、何とも不思議な光景です。Cano

豊似湖 – えりも町

豊似湖は、えりも町にある日高山脈襟裳国定公園内で唯一の自然湖です。石屋製菓のCMで空撮映像が使用されており、ハート型の湖として知られることになりました。人里離れた森の中にある静かな湖で、エゾナキウサギも生息しています。風のまち「えりも」観光ナビ – http://www.

オンネトー – 足寄町

オンネトーは足寄町の阿寒国立公園内にある湖です。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」を意味し、訪れる季節や時間によって湖面の色が変わることから五色沼とも呼ばれます。目の前にそびえ立つ山は雌阿寒岳と阿寒富士。オコタンペ湖、東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つに数えら

展望台

双湖台 – 釧路市

双岳台は釧路市阿寒町にあります。ペンケトーとパンケトーという2つの湖が見えることから双湖台と呼ばれます。ペンケトーは北海道に似た形をしているといわれており、パンケトーは双湖台からは残念ながらよく見えません。どちらの湖も観光客が立ち入ることはできない神秘的な湖です。双岳

展望台

裏摩周展望台 – 清里町

裏摩周展望台は、清里町と中標津町の町境にある展望台です。北海道を代表する湖である摩周湖を見渡せる3つの展望台の一つで、第一、第三展望台から湖を挟んで反対側にあることから裏摩周展望台と言います。第一、第三展望台に比べると木々が邪魔をしてあまり展望はよくありませんが、カムイヌプリ