龍雲院の蝦夷霞桜 – 松前町

蝦夷霞桜とは蝦夷霞桜は松前公園内の龍雲院境内にある桜で、松前町の三大名桜の一つに数えられています。霞桜は日本各地に自生していますが、植物分類学者で元北海道大学教授の館脇操博士が、龍雲院の古木を特に蝦夷霞桜と命名したそうです。▲樹齢は100年以上

光善寺の血脈桜 – 松前町

血脈桜とは 血脈桜は、松前公園内の光善寺境内にある桜です。松前町の三大名桜の一つに数えられており、松前を代表する桜の品種「南殿」の親木でもあります。咲き始めは淡い紅色だった花の中央部が、日の経過につれて紅色へと染まる「移り紅」(うつりべに)という性質を持

松前公園の桜 ライトアップ – 松前町

松前公園とは松前公園は道南の松前町にある公園です。北海道内で唯一の日本式城郭である松前城や松前藩主松前家墓所、寺町など多くの史跡が点在するほか、日本さくら名所100選にも選ばれる道内最大級の桜スポットでもあります。桜の開花期間中には「松前さくらまつり」が開催

五稜郭公園の桜 – 函館市

五稜郭公園は、函館市を代表する観光スポットの一つです。五稜郭とは五稜郭は江戸時代末期に建造された城郭です。戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台にもなりました。現在は国の特別史跡に指定され、五稜郭公園として多くの観光客が訪れる場所となっています。▲名前の通

桜が丘通りの桜並木 – 函館市

桜が丘通りは、函館市の柏木町と松陰町の町境にある通りです。桜が丘通りとは函館市で桜と言えば五稜郭公園が有名ですが、その五稜郭公園から車で10分ほどの位置にある桜が丘通りは、知る人ぞ知る桜の名所です。閑静な住宅街を通る約800mの通りにはおよそ100本のソメイヨシノ

コスモスフェスタ – 札幌市

コスモスフェスタは、札幌の滝野すずらん丘陵公園で開催されるイベントです。コスモスフェスタとは札幌市の北海道で唯一の国営公園・滝野すずらん丘陵公園には、400haという広大な敷地に中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)という、それぞれ特色の違う

はまなすの丘公園 – 石狩市

はまなすの丘公園は、石狩市の日本海と石狩川の交わり砂嘴(さし)に広がる公園です。約46ヘクタール広さに180種もの海浜植物が自生しており、公園の一部は石狩市海浜植物保護地区にも指定されています。6月頃にはハマナスの花が咲き乱れ、整備された木道から園内を散策することができます。

三島さんちの芝ざくら庭園 – 倶知安町

三島さんちの芝桜庭園は、倶知安町の元農家・三島さんが自宅の敷地に作った庭園です。およそ4000平方メートルの広さ一面に残雪の羊蹄山をイメージした赤やピンク、白の色鮮やかな芝桜が咲き誇ります。とても個人で作り上げたとは思えないクオリティで、毎年多くの観光客が訪れます。三

北海道最古!天神藤 – 札幌市

天神藤は、札幌市の天神山緑地近くにある道内最古の藤の木です。6月頃には25m四方に広がった薄紫色の藤の花が満開となり、辺りにはやわらかく甘い香りが漂います。2016年に市に寄贈されたため、今後は天神山緑地の一部として管理・整備されていくようです。天神藤を見るには、国道

岩本農場の菜の花畑 – 千歳市

札幌からほど近い千歳市泉郷の菜の花畑です。岩本農場さんが菜種油に栽培しているそうです。千歳市泉郷の菜の花畑へ行くには国道337号線へ。道道226号線との交差点近くに菜の花畑があると思います。ちとせの観光情報満載|千歳観光連盟 – http://www.1000

百合が原公園のムスカリ – 札幌市

百合が原公園は、札幌市にある公園です。100種類の世界のユリを鑑賞できる「世界の百合広場」や高山植物を観賞できる「ロックガーデン」など、テーマごとにさまざまな花壇で育てられている植物はおよそ6400種類。一年を通して多彩な植物を楽しむことができます。その花壇の一つである「ムス

平岡公園の梅林 – 札幌市

平岡公園は、札幌市にある面積66.4haの広大な公園です。札幌でも最大級の規模の梅林があり、春には約1200本の紅白の梅が公園を彩ります。見頃は5月上旬から下旬頃。開花期間中はひらおか梅まつりが開催され、梅林ソフトクリームや梅林そばなど、この時期にしか食べられない商品が販売さ

龍雲院の蝦夷霞桜 – 松前町

蝦夷霞桜は、松前公園近くの龍雲院境内にある桜で、松前町の三大名桜一つに数えられています。推定樹齢は100年以上。植物分類学者で元北海道大学教授の館脇操博士が命名したそうです。境内には桜の他に、北海道では珍しいシロバナタンポポも咲いています。龍雲院へ行くには、松前公園か

大野川沿いの桜並木 ライトアップ – 北斗市

大野川沿いの桜並木は、北斗市の桜スポット「北斗桜回廊」の一つです。法亀寺から歩いて5分ほどの位置にあり、大野川沿いの道路両側300mほどの間に100本の桜の木が立ち並びます。桜が満開になる5月上旬頃には、まさに桜のトンネルとなり、夜にはライトアップも行われます。大野川

法亀寺のしだれ桜 ライトアップ – 北斗市

法亀寺は北斗市にあるお寺で、境内にはしだれ桜が植えられています。北斗市の桜スポット「北斗桜回廊」の一つで推定樹齢300年、高さはおよそ15メートル。これほど大きいしだれ桜は北海道では大変珍しく、開花期間中にはライトアップも行われます。開花時期は5月上旬頃。法亀寺へ行く

男山自然公園のカタクリ – 旭川市

男山自然公園は、旭川の地酒で知られる「男山」が所有する公園です。およそ32haの広大な園内の森林地帯には、道内最大級のカタクリの群生地があり、開花ピーク時には山の斜面一面がピンクに染まります。運が良ければ白いカタクリの花に出会えることも。さらには大雪山連峰、十勝岳連峰を望むこ

マクンベツ湿原のミズバショウ – 石狩市

マクンベツ湿原は、石狩川の最下流沿いに広がる約130haの低層湿原です。北海道内最大規模のミズバショウ群生地としても知られ、4月中旬から5月上旬頃には辺り一面にミズバショウの花が広がります。湿原内には遊歩道や木道が整備されているので、散策をしながらミズバショウを観賞することが

フラワーガーデン「はな・てんと」のサルビア – 網走市

フラワーガーデン「はな・てんと」は、網走市の天都山にあります。冬には網走レークビュースキー場として使われているところで、3.5haの斜面一面がサルビアやマリーゴールド、ケイトウなど色とりどりの花で覆われます。さらに丘の上からは知床連山や網走湖なども望むことができるビュースポッ

あばしりフロックス公園 – 網走市

あばしりフロックス公園は、網走市呼人にある公園です。約10ヘクタールの広大な敷地に約15万株のフロックスの花が咲き誇ります。さらに網走湖や女満別の平野が一望できるなどロケーション抜群です。まっ白い園路はホタテの貝殻が敷き詰められているためで、フロックスの赤・ピンク・紫と合わせ

能取湖卯原内サンゴ草群生地 – 網走市

能取湖卯原内サンゴ草群生地は、網走市能取湖にあるサンゴ草群生地です。日本一のサンゴ草群生地とされ、秋になると能取湖半一面が真っ赤なじゅうたんに覆われていましたが、2012年に行った土壌改良工事の失敗により、群生地は壊滅状態に陥りました。現在は専門家指導のもと、群生地回復に向け