動物

屈斜路湖砂湯のハクチョウ- 弟子屈町

屈斜路湖にある砂湯はその名の通り、湖畔の砂浜を掘ると温泉が出てくる人気の観光スポットです。夏は湖での水遊びや自分で掘った砂浜の露天風呂を楽しめ、冬にはオオハクチョウが羽を休めに飛来します。羽を広げると2mを超えるオオハクチョウを、目の前で見ることができます。すぐそばにレストハ

動物

宮島沼 マガンのねぐら立ち – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら立ちは早朝5時

動物

宮島沼 マガンのねぐら入り – 美唄市

宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日本の最北最大、世界でも有数のマガンの飛来地として知られます。1年に2回、4月と9月頃に渡りの中継地として宮島沼に飛来し、ピーク時には60000羽を超えるマガンが宮島沼を埋め尽くします。ねぐら入りは17時か

動物

函館市熱帯植物園の温泉ザル – 函館市

函館市熱帯植物園は、およそ300種、3000本の熱帯植物を観賞できる植物園です。園内にはその他にサル山もあり、12月~5月のゴールデンウィークまでの間は、温泉に入るニホンザルの姿を見ることができます。気持ちよさそうに温泉に浸かる姿は人間そのもので、飛び込んだり潜水したりと楽し

動物

さくらの滝・サクラマスの遡上 – 清里町

さくらの滝は清里町にある落差3.5mほどの滝です。幅広で小さな滝ですが、この滝の一番の特徴は、サクラマスの遡上を見ることができることです。産卵のために何匹ものサクラマスが滝を飛び越えようと、懸命にジャンプする様は感動的です。滝越えに成功するサクラマスは極僅かなので、もし滝越え

動物

ハクチョウとマガンの群れ – 浦幌町

北海道は長い距離を移動する渡り鳥にとって重要な中継地のため、渡りの時期には道内各地で羽を休めに飛来する渡り鳥を観賞することができます。浦幌町でも鳥の鳴き声を頼りに探してみると、たくさんのハクチョウやマガンが畑で食事をしていました。とかち晴れ | 北海道・十勝の観光情報

動物

小樽運河を遡上する鮭 – 小樽市

秋の北海道では、産卵のために川を遡上する鮭の姿を見ることができます。たいていの鮭は自分が生まれた川に戻ってくるのですが、なかには違う川を遡上してしまう鮭もいるそうです。2012年の小樽運河には数百匹の大量の鮭が迷い込み、小樽運河から妙見川、勝納川などを遡上しました。小

動物

浦臼神社のエゾエンゴサクとエゾリス – 浦臼町

浦臼神社は浦臼町にある神社です。エゾエンゴサクやカタクリの群生地でもあり、5月頃になると神社の境内一面がエゾエンゴサクとカタクリの花で覆われます。アカゲラやヤマガラ、シジュウカラなど様々な種類の野鳥や、エゾリスも姿を現すカメラマンに人気のスポットです。浦臼神社へ行くに

動物

馬追い運動 – 音更町

馬追い運動は、音更町の十勝牧場で行われる冬の風物詩です。馬の運動不足解消や妊娠馬の難産防止のために行われ、1周800mの走路を10数頭の馬が一斉に走ります。大きな足音と雪けむりを上げて走る姿は迫力満点。運動は1月中旬頃から始まり、平日の9時半から1時間程度行われます。業務の都

動物

紋別岳のエゾシカ – 千歳市

千歳市の支笏湖と紋別岳の間を通る国道453号線で、エゾシカの群れと遭遇しました。道路を横断することもあるので通行時は注意が必要です。撮影日2012年2月4日撮影場所〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉 紋別岳周辺料金無料