五稜郭公園の桜 – 函館市

五稜郭公園は、函館市を代表する観光スポットの一つです。

五稜郭とは

五稜郭は江戸時代末期に建造された城郭です。戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台にもなりました。現在は国の特別史跡に指定され、五稜郭公園として多くの観光客が訪れる場所となっています。


▲名前の通り五角形の星形をした美しい公園

道内最大級の桜の名所

五稜郭公園は道内有数の桜の名所としても知られています。およそ1600本の桜が春になると一斉に開花し、園内が桜の花で覆い尽くされる様は圧巻です。普通に桜を見上げたり土塁に上って上から見下ろしたりと、桜を立体的に楽しむことができるのも五稜郭公園ならではです。


▲上から下から桜を楽しめる

また、ボートに乗ってお堀を1周することもできます。ボートから眺める桜も絶景です。


▲お堀は1周約1.8km


▲お堀を亀が泳いでいました

五稜郭タワー

五稜郭タワーがそびえ立っています。現在のタワーは2006年に作られた2代目で軒高98m、タワー内には売店やレストラン、有料の展望台があります。


▲展望台からは五稜郭公園はもちろん函館市内を一望できます。

ライトアップ

日没後には五稜郭タワー周辺の桜がライトアップされるほか、桜の下でジンギスカンを楽しむことができます。


▲提灯の温かな光が桜を照らす

五稜郭公園へのアクセス

五稜郭公園へ行くには、道道347号線の標識通りに進みます。公園の周辺にはいくつか有料駐車場がありますが、桜が満開時期には観光客で大変込み合うので余裕をもって訪れるようにしましょう。

函館市公式観光情報サイトはこぶら – https://www.hakobura.jp/

撮影日 2017年5月2日
撮影場所 〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44
料金 無料
駐車場 有料あり
トイレ 有り

 

[mappress mapid=”175″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事