紅葉の神仙沼 – 共和町

その他自然

神仙沼は共和町の高層湿原「神仙沼湿原」にある沼の一つで、ニセコ山系の数ある沼の中で最も美しいといわれています。名前は、ボーイスカウトの生みの親である下田豊松氏が「皆が神、仙人の住みたまう所」の感銘を受けて「神仙沼」と名付けたそうです。独特のブルーが印象的な沼で、無風のときには水面が鏡のようになり、周囲の赤エゾ松や高山植物などが映り込む神秘的な沼となります。また、神仙沼に向かう途中の湿原エリアには池塘(ちとう)という小さな池沼が点在するほか、紅葉時期には草紅葉が湿原一面を覆い尽くし、まるで黄金のじゅうたんのような光景が広がります。

神仙沼へ行くには道道66号線へ。神仙沼レストハウスから木道を徒歩15分ほどです。

共和町ホームページ – ようこそ、かかしのふるさと共和町へ – http://www.town.kyowa.hokkaido.jp/

撮影日 2013年10月10日
撮影場所 〒048-2201 北海道岩内郡共和町前田
料金 無料
駐車場 無料有り
トイレ 有り

 

[mappress mapid=”143″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。