函館市熱帯植物園の温泉ザル – 函館市

函館市熱帯植物園は、およそ300種、3000本の熱帯植物を観賞できる植物園です。園内にはその他にサル山もあり、12月~5月のゴールデンウィークまでの間は、温泉に入るニホンザルの姿を見ることができます。気持ちよさそうに温泉に浸かる姿は人間そのもので、飛び込んだり潜水したりと楽しみ方も様々。有料で餌をあげることもでき、中には餌をもらおうと手を叩いてアピールするサルもいます。

函館市熱帯植物園へ行くには、国道278号線を湯の川方面へ。植物園の看板があります。

函館市熱帯植物園 – http://www.hako-eco.com/
函館市公式観光情報サイトはこぶら – http://www.hakobura.jp/

撮影日 2013年2月18日
撮影場所 〒042-0932 北海道函館市湯川町3丁目1-15
料金 ・一般 300円 ・小学生 中学生 100円
駐車場 無料有り
トイレ 有り

 

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

函館海上保安部・巡視船「びほろ」内観 – 函館市

マクンベツ湿原のミズバショウ – 石狩市

関連記事

  1. 馬追い運動 – 音更町

    馬追い運動は、音更町の十勝牧場で行われる冬の風物詩です。馬の運動不足解消…

  2. 屈斜路湖砂湯のハクチョウ- 弟子屈町

    屈斜路湖にある砂湯はその名の通り、湖畔の砂浜を掘ると温泉が出てくる人気の…

  3. 浦臼神社のエゾエンゴサクとエゾリス –…

    浦臼神社は浦臼町にある神社です。エゾエンゴサクやカタクリの群生地でもあり…

  4. 宮島沼 マガンのねぐら入り – 美唄…

    宮島沼は美唄市にある沼で、日本で13番目のラムサール条約登録湿地です。日…

  5. ハクチョウとマガンの群れ – 浦幌町…

    北海道は長い距離を移動する渡り鳥にとって重要な中継地のため、渡りの時期に…

  6. さくらの滝・サクラマスの遡上 – 清…

    さくらの滝は清里町にある落差3.5mほどの滝です。幅広で小さな滝ですが、…

  7. 夏のタンチョウ – 浦幌町

    浦幌町の畑で見かけたタンチョウです。鳴き声と飛び立つ瞬間を撮影。…

  8. 小樽運河を遡上する鮭 – 小樽市

    秋の北海道では、産卵のために川を遡上する鮭の姿を見ることができます。たい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP