Pr Tips 4 – 4:3の素材を16:9に

Tips

報道番組でおなじみ。SD素材など4:3の素材にサイドパネルを付けて16:9にするTipsです。
(動画はCS3、解説はCS6です。)

解説

4:3の映像を今のテレビで見ると左右に黒帯が付いてしまいます。これはその黒帯を消して映像を16:9に見せる方法の1つで、報道番組で過去の資料映像を使う場合等で良く見かけます。ただし4:3の素材だからといって必ずしも16:9にする必要はないので、加工する必要があるかどうか、作品の内容と照らし合わせて考えてみましょう。

 

pr4_1
4:3の素材。左右に黒帯が付いています。

 

pr4_2
Video1のビデオクリップをVideo2にコピペします。そしてVideo2の目玉をクリックして一旦非表示に。

 

pr4_3
Video1のビデオクリップを黒味が無くなるまで拡大します。

[エフェクトコントロール]→[モーション]→[スケール]を132

 

pr4_4
さらにモノクロとブラーのエフェクトを適用。

[ビデオエフェクト]→[イメージコントロール]→[モノクロ]
[ビデオエフェクト]→[ブラー&シャープ]→[ブラー(滑らか)]を20

 

pr4_5
Video2の目玉をクリックしてビデオクリップを表示させます。そして黒味を消すためにVideo2にクロップのエフェクトを適用。

[ビデオエフェクト]→[トランスフォーム]→[クロップ]左右を11.7%

 

pr4_6
黒味が無くなり16:9になりました。

このTipsではモノクロを適用しましたが、内容によってはセピア等にしても良いと思います。ブラーの種類やブラー量もお好みで。他に黒帯を消す方法として、黒帯部分にイラストを乗せるという手法もあります。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。