かんぽの廃墟 – 上川町

かんぽの宿層雲峡は郵政民営化により開業後わずか4年、2006年に廃止されました。その後リゾート会社に売却されましたが、建物の価値を下げ固定資産税を抑える目的で壁に穴をあけられてしまいました。今も層雲峡の見事な景観の傍らで、再開されることも取り壊されることもなく無残な姿をさらしています。

※2016年に解体されたそうです。

アクセス

建物は解体され、現存していません。

関連情報

撮影日
2012年10月22日
撮影場所
〒078-1711 北海道上川郡上川町清川
料金
無料
駐車場
無し
トイレ
無し
撮影フォーマット
1080i60