En Tips 1 – 3分で作るスライドショー

Tips

Encoreに素材を取り込んでから、数クリックで完成するスライドショーのTipsです。
(動画はCS3、解説はCS6です)

解説

素材を1枚ずつトランジションで切り替えていくタイプの単純なスライドショーです。この方法では素材のモーションはランダム、トランジションは1種類になります。素材ごとにモーションやトランジションを変更したい場合は個別に設定する必要があり、その方法は次のTipsで紹介します。

 

en1_1
Encoreに素材を読み込んだら、[新規]→[スライドショー](Ctrl+G)でスライドショーを作成します。

 

en1_2
スライドショービューアに画像ファイルを、オーディオ領域に音楽ファイルをドラッグします。画像をドラッグすることで、スライドの順番を入れ替えることができます。

 

en1_3
スライドショーの設定をします。

・スライドショーをオーディオのデュレーションに合わせる
スライドショーの尺がBGMの尺となり、それに合わせて各スライドの尺が調整される。

・オーディオをループ
スライドショーが終わるまでBGMをループする。

・スライドのデュレーション
スライドの尺をまとめて設定する。

・トランジションの初期設定
スライドが切り替わる時のトランジションをまとめて設定する。

・ランダムにパンとズーム
各スライドのモーションをランダムに設定。チェックボックスをONOFFするたびにモーションが変化。

・手動で進める
視聴者が操作すると、次のスライドに進むようになる。

 

en1_4
設定が終わったらプレビューボタンをクリックして、動作を確認します。

 

en1_5
動画ファイルとして書き出すために、ビルドパネルの出力をDVDフォルダー(Blu-rayフォルダー)に変更して、スライドショーをビルドします。

 

en1_6
警告が出る場合は、無視して続行をクリックします。

 

en1_7
出力がDVDフォルダーの場合はVOBファイルが、Blu-rayフォルダーの場合は[ディスク名]→[BDMV]→[STREAM]にm2tsファイルが作成されます。m2tsファイルはスライドごとに(BGMも)連番ファイルとして書き出されているので、Premiere Pro CS6等で一本化して別形式に書き出しましょう。バージョンが古くて読み込めない場合は、エンコードソフトを使ってエンコードします。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。