第三音更川橋梁 – 上士幌町

建築物 遺産・遺跡

第三音更川橋梁は、上士幌町にある旧国鉄士幌線のひがし大雪アーチ橋梁群のひとつです。橋長71m、音更川をまたぐアーチは32mもの大きさの4連アーチ橋で、1936年に建設されました。現存する北海道内の鉄道用コンクリートアーチ橋として最も古く、大きさも北海道一です。国の有形文化財にも指定されています。泉翠峡という景勝地にかかるため、桜や紅葉時期に訪れるのがお勧めです。

第三音更川橋梁へ行くには、国道273号線をぬかびら源泉郷から上士幌市街方向へ。看板と駐車スペースがあります。

上士幌町観光協会/四季折々の感動エリア ひがし大雪 KAMISHIHORO – https://kamishihoro.info/
とかち晴れ | 北海道・十勝の観光情報をご案内する「十勝観光連盟公式サイト」 – http://tokachibare.jp/

撮影日 2013年10月7日
撮影場所 〒080-1404 北海道河東郡上士幌町黒石平
料金 無料
駐車場 無料有り
トイレ 無し

 

[mappress mapid=”141″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。