鹿鳴の滝 – 津別町

鹿鳴の滝は、津別町にある落差10mほどの滝です。猟師に追われた鹿がチミケップ川の上流へと逃げようとするが、この滝を越えることができずに鳴いたという言い伝えが、滝の名前の由来です。人工の滝に見えますが、自然の手で造られた7段の滝です。撮影時期には、種類は分かりませんが魚がひっきりなしに遡上していました。

鹿鳴の滝へ行くには、道道494号線をチミケップ湖の南側へ。滝の看板があります。駐車スペースのような空き地がありますが、広くはないです。また、道路から滝までは5分ほど足場の悪い道を下っていくので注意が必要です。

つべつ 緑のふるさと 愛林のまち津別町 – http://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/

撮影日 2013年7月24日
撮影場所 〒092-0358 北海道網走郡津別町沼沢
料金 無料
駐車場 無し
トイレ 無し
注意

 

[mappress mapid=”131″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。