愛国駅 – 帯広市

乗り物 建築物

愛国駅は、帯広市愛国町にある旧国鉄広尾線の駅です。1987年(昭和62年)に廃駅となりましたが、同線の幸福駅とともに「愛の国から幸福へ」というキャッチフレーズで、一大ブームを巻き起こしました。現在、駅舎は改築され交通記念館として、当時使用されていた貴重な品々が展示されているほか、訪れた人の切符や名刺などが壁にぎっしり貼られています。駅構内も当時のまま保存されており、線路上には蒸気機関車19671号が静態展示されています。

愛国駅へ行くには、国道236号線を帯広市から中札内村方向へ。札内川を越えて少し行くと看板があります。

帯広市・幸福駅公式ホームページ 幸福駅発 – http://www.koufuku-eki.com/

撮影日 2013年7月7日
撮影場所 〒089-1181 北海道帯広市愛国町基線41-2
料金 無料
駐車場 無料有り
トイレ 有り

 

[mappress mapid=”120″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。