百畳敷洞窟の氷筍 – 伊達市

その他自然

百畳敷洞窟は伊達市にある自然の洞窟で、ここでは冬になると氷筍と呼ばれる現象が発生します。氷筍とは地面から生える氷柱のことで、洞窟の天井から染み出て地面に落ちた水が瞬時に凍り、それが積み重なって氷柱になります。まるでタケノコのように見えることから氷筍と呼ばれます。限られた条件でしか発生しないとても珍しい現象で、洞窟内を埋め尽くす何百本もの氷筍はまさに神秘的な光景です。

百畳敷洞窟へ行くには、ガイドツアーに参加する必要があります。

NPO法人 だて観光協会 – http://www.facebook.com/datekanko

撮影日 2013年2月4日
撮影場所 北海道伊達市大滝区
料金 ガイドツアー有料
駐車場 無し
トイレ 無し

 

[mappress mapid=”99″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。