チロロの巨石 – 日高町

樹木・奇岩

チロロの巨石は、日高町の千栄地区にある巨石です。地質学的には石英片岩といい、長さ6m、重さ200tの日本一巨大な結晶片岩です。もともとは日高山脈の石でしたが、鉱石収集が趣味だった八紘学園の初代理事長・栗林元次郎氏が、巨費を投じてペンケユクトラシナイ沢からここまで運ぶも、何らかの理由でそれ以上運ぶことを断念。その後、日高町に寄贈されたそうです。

チロロの巨石へ行くには、国道274号線へ。北海道アウトドアアドベンチャーズ(HOA)の看板で曲がり、6kmほど道なりに進みます。

海も山も川も牧場もみんな日高町 – http://www.town.hidaka.hokkaido.jp/

撮影日 2012年6月8日
撮影場所 〒055-2314 北海道沙流郡日高町千栄
料金 無料
駐車場 空き地に駐車
トイレ 無し

 
[mappress mapid=”34″]

 

北海道の映像が必要な際はお問い合わせください。

メールフォーム

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。